支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

分科会

 

長野分科会

 

今後の予定

【日時】 

【場所】 

【内容】 

7、8月の予定はございません。

問い合わせフォーム

 

設立年月日

1991年7月13日

人数

22名

活動内容

NACS東日本支部の分科会という位置づけの元に、長野県内における、消費者・行政・企業の
パイプ役として、資質の向上を図り、会員相互間の理解を深めることを目的として、活動をおこなう。

現在の活動


30年度活動計画
□定例会(勉強会又は会員が順番に講師を務める会員リレー講話を含む)を年4回程度開催
□NACS本部・東日本支部、長野県、市町村、学校、地域住民、その他団体等への協力・支援 ほか
 ・「長野県消費生活サポーター」として、当分科会から会員9名が県から認定されている。
  ・「長野県消費者被害防止対策推進会議(26年7月設立)」に構成団体として参画している。
 ・「特殊詐欺被害防止協力企業・団体」として、長野県知事から28年6月に認証登録証が当分科会
    あてに交付され被害防止活動に協力している。(なお、この制度は31年3月31日限りとなっている。)
    「特殊詐欺に注意し、あやしい話、おかしな話は、まず相談を!」
 ・適格消費者団体の認定を目指す「NPO法人ながの消費者支援ネットワーク」について、29年3月の
    設立時に当分科会から2名が理事に就任し、30年3月に当分科会が団体正会員になり協力している。
  ・新潟分科会との交流会を隔年で実施している。


これまでの活動

 

29年度
5月 第1回定例会、及び「適格消費者団体について」の勉強会(講師は弁護士)を実施した。
      須坂市主催の介護教室で「だまされない!あの手・この手の悪質商法」のテーマで講師を務めた。
8月 第2回定例会、及び「消費者が標準化活動に参画するための手引書等について」の勉強会
       (講師は NACS新潟分科会代表等)を実施した。
10月 第3回定例会、及び新潟分科会との交流会を実施し、併せて、経済産業省委託事業
       「長野標準化セミナー」(「もっと安全で便利な暮らし」について考えよう!)
       (講師はNACS東日本支部長) を開催した。
11月 松本大学で、「スマートセーフティー」(製品安全についてみんなで考えよう)の授業を担当した。
2月   第4回定例会、及び「医療・介護サービスについて」の勉強会
        (講師はNACS医療・サービス 研究会代表)を実施した。
通年 ・長野販売士協会主催の長野市優良販売員コンクールの審査に参加した。
 
過去の活動
1.長野県内における中学生・高校生の携帯電話利用に関する調査
2.携帯安心相談先カードの作成および配布
3.「T」スーパーマーケット店舗調査結果をもとに懇話会実施
4.CSをテーマにタイアップ講座実施
5.寸劇による悪質商法被害予防出前講座実施
6.悪質商法被害防止のための啓発シール作成および配布
7.会員リレー講話の実施  
8.消費者庁と共催で、「食品中の放射性物質について」の勉強会を長野市で開催(27年8月)
9.松本市の後援を得て、産業人材研修センターと共催の「消費者啓発セミナー」
    (小谷みどり氏の「今聞いておきたい『終活』の話」)を松本市で開催(28年1月)
10.長野県主催の「くらしのセミナー」 (新しい記号と意味を学んで洗濯・クリーニングのトラブルを
      防ごう)の講師を上田市と飯田市で担当(28年11月)
11.NACS東日本支部から受託の「JISL4129(子ども服のひもの規格)の普及調査」(店舗調査、
     アンケート調査等)を長野市、松本市、上田市、塩尻市、千曲市他で実施(28年10~11月)
12.消費者庁等主催の平成28年度関東ブロック「地方消費者フォーラム」
     (長野市で開催)に県内実行委員として参加(29年2月)
back一つ前の画面に戻る ページトップへup