支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

自主研究会

 

CS(顧客満足)研究会

 

今後の予定

 

【日時】 4/10(土)18:00~20:00
【場所】 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室A (Zoom併用)

【内容】 【楽しく、無理なく、全員参加】をモットーに、原則毎月第2土曜日18時から定例会を開催しています。
     コロナ禍において私たち会員の働き方や生活の変化、時事問題など情報交換を重ねることで、

     これからのCSとESについて深堀していきます。研究会のメンバーは、男女半々、年齢や

      職業も様々で、新規会員の方も参加されています。

         

 続「CS向上を科学する」セミナー開催のご案内 (申し込みフォームにご記入ください。)

 CS(顧客満足)の向上は、組織の生産性向上や消費者に選ばれることに繋がるか、今のサービスや

 おもてなしは、従業員の自己犠牲の上に成り立っているのではないか等、目に見えないCSの本質を、

 精神論ではなく、ロジカルに理解し、私たちがどうするべきか具体的な方法を学ぶセミナーの続編です。

 従業員の個人的な経験やセンスに頼る経営ではなく、サービスの本質を理解し、サービス事業の変革に
 踏み出すためにどうすべきか、サービス成功のポイントなど具体的な事例を交え、初めての方にも
 わかりやすく解説いただきます。

 (公財)日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING)で昨年開催され、好評の「CSを科学
 するセミナー」をアレンジし、今回特別に講演いただく貴重な機会です。
 CSを学ぶことは、消費生活アドバイザーや消費生活を学ぶ者にとっての成長、ビジネスマンとしての
 競争力アップにも資すると思います。
 今回は会場をオンライン(Zoom)でつないで同時開催します。会場参加が難しい方も、ぜひオンライン
 (Zoom)でご参加ください。
 皆さまのご参加を、CS(顧客満足)研究会一同、お待ちしております。

【日時】  4/24(土)14:00~16:00 

【講師】  松井サービスコンサルティング 代表松井拓己氏

【プロフィール】
サービス改革の専門家として、業種を問わず数々の企業の支援実績を有する。
国や自治体、業界団体の支援や外部委員、アドバイザーを兼務。日本サービス大賞の選考委員、
東京工業大学サービスイノベーションコース非常勤講師のほか、サービスに関する研究会の
コーディネーターも務める。
業種を越えたサービス改革の専門家としてメディア取材を受けるなど、さまざまな方面で活動。
岐阜県出身。株式会社ブリヂストンで事業開発プロジェクトリーダー、ワクコンサルティング株式会社
(平均年齢62歳170人)の副社長およびサービス改革チームリーダーに従事した後、現職。

【代表著書】日本の優れたサービス~選ばれ続ける6つのポイント~
        日本の優れたサービス2~6つの壁を乗り越える変革力~

【最近の講演】経済同友会、経営品質協議会、経産省サービス経営人材育成事業医療経営品質
 マネジメント協会、財界セミナー、東工大、九州大学、長野県、新潟県、岡山県、鹿児島県、長崎県

【会場・定員】
  東京ウィメンズプラザ 視聴覚A・B(渋谷・表参道) 30名
  オンライン(Zoom) 80名
 ※ オンライン(Zoom)参加の皆さまには、申込時に登録いただいたメールアドレスへ後日参加用の
   URLをお送りします。
 ※ 新型コロナウイルス感染症の状況により、オンライン(Zoom)のみで開催することがあります。
    あらかじめご了承ください。

【受講費】無料

  →申し込みはこちら
   ※賛助会員の確認はこちら 


※原則、参加しやすい「毎月第2土曜日18時から定例会開催」(月1回)。下記フォームから気軽にお問合せください。


 →問い合わせフォーム

 


2020年度論文

これからの時代のES向上によるCSとは ~「日本初の従業員満足規格(JSA-S1001)」を考察して~


設立年月日

1996年2月

人数

30名  ※メンバーは、多士済々、男女半々、年齢や職業も様々。

開催日時と会場

第2土曜日 18:00~20:00    ※例会後は自由参加の懇親会で親睦を深めます。

(概ね下記2会場)
東京ウィメンズプラザ(渋谷・表参道)
新宿消費生活センター分室 会議室(高田馬場)

活動方針

・企業の「最大の資産」は、「人」である、「ES(従業員満足)」なくして「CS(顧客満足)」なし
・モットーは、「楽しく、無理なく、全員参加!」

これまでの活動

1)CS・ESに関するテーマの研究活動(毎月の定例会を中心に活動を展開)
2)CS基礎講座(CS・ESに関する基礎理論と実践事例を学ぶ講座)
3)フィールドワーク(街や施設を視察し、実際にCSを体験)
4)西日本CS研究会との合同合宿(東西交代で隔年実施)
5)CSサロン(各種教養講座により幅広い視野からCSを考える企画)

2017年度の活動内容

・定例会:野菜流通サービス進化について、新しいビジネスに着目し、消費者視点で研究
・6月10日(土):CS・ES基礎講座開催
CS研究会案内:2016年に設立20周年を迎えました(PDFファイル)

2016年度以前の活動

 

CS研究会の紹介&活動レポートのPDFにリンクしています。画像をクリックしてください。
お問い合わせと参加希望は上部問い合わせフォームをご利用ください。


 

back一つ前の画面に戻る ページトップへup