支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

自主研究会

 

消費者対応研究会(カスタマー研)

 

今後の予定

 

【日時】 6月の定例会:日程調整中です。候補日としては6月14日(日曜日)

【場所】   

【内容】 拡大定例会 ※ 開催可否については6月に入り社会情勢を確認の上、上記の対面会もしくはZOOMビデオ会議システムの活用等メーリングリストにてお知らせします。 
【PR】第二水曜日に定例会を実施。近況報告・事例相談に加え、新しいテーマとして顧客応対のスキルを活かした社会貢献活動の在り方などを議論しています。
・3月開催予定でした、「ゲートキーパー養成講座」は延期となりました。新しい開催日が決まりましたら、こちらでご案内致します。
・4月29日にZOOMビデオ会議システムの体験会を研究会で実施、盛況でしたので、5月13日の定例会も同様にビデオ会議で開催しました。4月の体験会では休日開催ということもあり久しぶりに参加された方も含め、10名を超える参加で普段の定例会以上に賑やかな雰囲気となりました。
5月の定例会では現状の顧客応対部門のお客様からの声や、特別体制での勤務の苦労談、在宅に向く業務と、一か所に集合して運営する現場の棲み分けの話題、相手に「伝わる」情報発信方法などを共有しました。
AI化が、単純な受付業務から人を開放する一方、人ならではの高い応対を提供するための応対者が集まる現場は存続するのでは?という話題など、未来を見据えた議論が展開しました。

○「顧客応対のスキルを活かし、対人支援活動に取り組む。」
  従来の活動の枠にとらわれない模索を始めています。
  ぜひ一度見学へお越しください!

 →問い合わせフォーム

 


設立年月日

2003年4月1日

人数

44名

開催日時

第2水曜日 19:00~21:00

3か月に1回程度、休日の午後を使って、拡大定例会を開催

現在の活動

発足以来、企業・行政・その他組織の顧客対応部門に従事する者を中心として活動する

自主研究会である。
日々の活動を通じ、消費者・行政・事業者のパイプ役となり、各者間のより良い関係づくりと

自立した消費者の育成を目指して、各自の顧客対応の専門職としての経験や知識を集約・

体系化している。

http://nacs-customer.sakura.ne.jp/

お客様対応部門のあるべき姿も視野に入れて、引き続き、お客様とのより良いコミュニケーションを

目指す活動を進める。具体的には、昨年度のアンケートで見えてきた、お客様と事業者との間の

意識のギャップについて、JIS等が示すあるべき姿に照らして、どのような隔たりがあるかを分析し、

ギャップを埋めるための施策について検討する。

これまでの活動

 

22年度 お客様対応窓口で働く私たちと、お客様とのより良いコミュニケーションを目指す活動開始。
       アンケートをもとに、当研究会メンバーの知恵や経験を活かした小冊子の発行
             研究論文の作成、研究発表により、同じ仕事に携わる方々と研究の成果を共有
過去の活動

①メンバーが抱えるお客様対応の問題を共有し、改善策を検討して日常業務にフィードバックして

  もらう

「話す」、「聴く」スキルを向上させるセミナーの企画開催
来訪者対応に悩む組織の支援(図書館)
他研究会とタイアップ講座開催
⑤企業訪問
back一つ前の画面に戻る ページトップへup