支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

自主研究会

 

消費者対応研究会(カスタマー研)

 

今後の予定

 

【日時】  9/13(日)13:00~15:00(予定)
【場所】  ZOOMビデオ会議システムを活用します。
       IDとパスワードについては、メーリングリストにてお知らせします。
       使い方が不明な方はメールにてお問い合わせ下さい。
【内容】 定例会

・ 3月開催予定でした、「ゲートキーパー養成講座」は延期となりました。こちらもオンラインでの

  代替開催などを模索しております。詳細決まりましたらこちらでご案内致します。
  4月以降毎月Web会議にて定例会を行っております。
  今後も情勢に対応しながら活動を行います。
  「顧客応対業務がキャリア形成にどのように役立ったか、役立ちそうか」を会員の経験をもとに

  まとめて発表出来る様、討議を始めました。
・ 「顧客応対のスキルを活かし、対人支援活動に取り組む。」
  今までご参加が難しかった、遠方にお住まいの方も、Web会議での活動ですので、よりご参加

  頂きやすくなっております。

見学ご希望の方は問い合わせフォームまでお知らせください。

 →問い合わせフォーム

 


設立年月日

2003年4月1日

人数

44名

開催日時

第2水曜日 19:00~21:00

3か月に1回程度、休日の午後を使って、拡大定例会を開催

現在の活動

発足以来、企業・行政・その他組織の顧客対応部門に従事する者を中心として活動する

自主研究会である。
日々の活動を通じ、消費者・行政・事業者のパイプ役となり、各者間のより良い関係づくりと

自立した消費者の育成を目指して、各自の顧客対応の専門職としての経験や知識を集約・

体系化している。

http://nacs-customer.sakura.ne.jp/

お客様対応部門のあるべき姿も視野に入れて、引き続き、お客様とのより良いコミュニケーションを

目指す活動を進める。具体的には、昨年度のアンケートで見えてきた、お客様と事業者との間の

意識のギャップについて、JIS等が示すあるべき姿に照らして、どのような隔たりがあるかを分析し、

ギャップを埋めるための施策について検討する。

これまでの活動

 

22年度 お客様対応窓口で働く私たちと、お客様とのより良いコミュニケーションを目指す活動開始。
       アンケートをもとに、当研究会メンバーの知恵や経験を活かした小冊子の発行
             研究論文の作成、研究発表により、同じ仕事に携わる方々と研究の成果を共有
過去の活動

①メンバーが抱えるお客様対応の問題を共有し、改善策を検討して日常業務にフィードバックして

  もらう

「話す」、「聴く」スキルを向上させるセミナーの企画開催
来訪者対応に悩む組織の支援(図書館)
他研究会とタイアップ講座開催
⑤企業訪問
back一つ前の画面に戻る ページトップへup