支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育
支部活動

 



いーすとフォーラム2017

 



   研究発表会の会場発表グループが決定!
  第28回東日本支部研究発表会の会場発表を行うメンバーが決定しました。

  ①埼玉分科会:エシカル消費推進と企業の社会的責任

  ②消費生活研究所:消費生活課題のこれまでとこれから

  ③神奈川分科会:かながわの食を考える

  ④コンプライアンス経営研究会:被害回復訴訟制度の施行を踏まえた企業と消費者の在り方

  ⑤千葉分科会:知っておきたい「葬儀・お墓・改葬(墓じまい)のこと」

  ⑥エネルギーとライフスタイル研究会:電力自由化を上手に活用しよう~ライフスタイル多様化の
    中でのエコ意識向上への取組について~

  1.日時:平成29年5月14日(日)
        支部大会 11時15分~12時00分
        研究発表会 12時40分開会予定

  2.場所:東京ウィメンズプラザ

  3.研究発表会要領
    発表件数は6件で、3名のコメンテータによる講評を行います。

  4.会場
    支部大会・研究発表会:ホール
    ポスター展示:視聴覚室

    発表団体多数のため、研究発表会の開始時間が昨年より早めとなっております。
    また、研究発表会にて、分科会・自主研究会のアピールタイムを導入します。
    (視聴覚室でのミニセッションは行いません。)
    皆様のご参加をお待ちしております。



いーすとフォーラム2016 開催レポート



 
  いーすとフォーラム2016 (平成28年度NACS東日本支部大会・第27回NACS東日本支部
  研究発表会)は5月21日(土)に東京ウィメンズプラザで開催され、支部大会に107名、
  研究発表会に172名が参加しました。

  支部大会では、南條支部長より平成27年度支部活動報告と、原副支部長より平成28年度活動
  方針の説明がありました。

  研究発表会では、次の6グループからプレゼンテーションが行われました。コメンテータは
  川上正隆氏(青山学院大学大学院法学研究科客員教授)、平沢裕子氏(産経新聞社文化部記者)、
  長田三紀氏(全国地域婦人団体連絡協議会事務局長)の3名です。

   ─発表内容―
  ①CS研究会:
     消費者にとっての顧客満足(CS)とは ~水族館のCSを事例として~
  ②コンプライアンス経営研究会:
     企業に規律を求める新しい制度は、不祥事防止に有効か? 
     -2つのコードを消費者市民社会はどう生かせるか-
 ③消費者対応研究会:
   応対者発『企業への伝え方』の啓発活動 
   ~お客様が企業とのコミュニケーション方法を学べるウェブサイトを創る~
 ④消費者法研究会:
   消費者契約法見直しに向けて -事例研究からの提言-
 ⑤海外消費者情報研究会:
   ベトナムの消費者行政と消費者動向(報告)
 ⑥埼玉分科会:
   石坂産業のコア技術の分析と消費生活アドバイザー視点の考察

 コメンテータの先生方には、これからの活動に向けて励みとなる、ひとつひとつに丁寧なご講評を
 いただきました。
 また、ポスター展示等についても、くまなくご覧いただきあたたかいお言葉も頂戴しました。
 ポスター展示・ミニセッションも大盛況で、分科会・自主研究会が活動の紹介やアピールを
 行っていました。

 支部大会と研究発表会を同時開催したことについて、当日実施したアンケートには、「1日に
 スケジュールをまとめたことは良かったと思います」「支部大会と研究発表会が当日に行われた
 ことは地方分科会としては良かったです」といった好意的な声が寄せられました。また、初めての
 参加者からも「初めて参加させていただきました。非常に多面的に色々なことが学べて
 よかったです」「新会員です。どれも魅力的な研究会で刺激をうけました」といった声を
 いただきました。

 *支部交流会開催レポート*
 東日本支部最大の交流イベント、それが支部交流会。「いーすとフォーラム2016」が盛会に
 終わった余韻をそのままに、青山学院大学隣りの「アイビーホール」には新資格取得者15名を
 含む76人の方々が集いました。ホテルの宴会場並みに素敵なこのホールでの開催は3年ぶり!

 最も広い部屋「サフラン」で、青木副支部長のご挨拶の後、原副支部長の元気一杯な乾杯の
 ご発声で交流会はスタートしました。

 会場には、バイキング形式で世界各国のおいしい料理とスイーツとお酒が彩り豊かに並び、
 リラックスしたほろ酔い気分の中、初めて会う方も旧知の友もすぐ打ち解ける和やかな雰囲気と
 なりました。

 歓談タイムの後は、今年資格を取得された皆さんの自己紹介タイム。「この資格を取って
 消費生活の専門家としてやりたい事」というお題で、夢や研究テーマなどを各自1分間ずつ披露
 しました。

 次は、委員会4団体、分科会5団体、自主研究会6団体によるアピールタイム。それぞれ日頃の
 活動の良さをオリジナリティ溢れた楽しいプレゼンテーションでアピールしました!
 もっともっと情報交換したい! 盛り上がる中、昨年資格取得・入会し6月に就任した
 土田事業委員長から閉会のご挨拶をいただき、最後は新家新研修委員長の一本締めで終了し、
 皆さん笑顔とともに会場を後にしました。
 (総務委員会)


平成28年度 いーすとフォーラム2016のお知らせ

 



 いーすとフォーラム2016(平成28年度NACS東日本支部大会・第27回NACS東日本支部

 研究発表会)は以下の要領で実施されます。お誘い合わせのうえふるってご参加下さい。
  ※チラシはこちら  新入会員の皆さまはこちら
  
  1.日時:5月21日(土)
    支部大会(NACS会員のみ) 11:15~12:00
     研究発表会  13:00 開会  (※13時30分から変更しました)
      ※研究発表会はどなたでもご参加いただけます。

  2.場所:東京ウィメンズプラザ

    支部大会・研究発表会     会場:ホール
    ポスター展示・ミニセッション 会場:視聴覚室


  3.研究発表について(発表順)
  ①CS研究会: 消費者にとっての顧客満足(CS)とは ~水族館のCSを事例として~
  ②コンプライアンス経営研究会: 企業に規律を求める新しい制度は、不祥事防止に有効か?
                       ~2つのコードを消費者市民社会はどう生かせるか~
  ③消費者対応研究会(カスタマー研) 応対者発『企業への伝え方』の啓発活動
                ~お客様が企業とのコミュニケーション方法を学べるウェブサイトを創る~

  ④消費者法研究会: 消費者契約法見直しに向けて -事例研究からの提言-
  ⑤海外消費者情報研究会: ベトナムの消費者行政と消費者動向(報告)
  ⑥埼玉分科会: 石坂産業のコア技術の分析と消費生活アドバイザー視点の考察

    3名のコメンテータによる講評を行います。

  5.参加費:無料

  6.注意!
    今年も昨年と同様に論文集は事前にすべての会員に配布します。(いーすと5月号に同封)
    当日ご持参ください!
 
  支部交流会(研究発表会に参加いただいた方、集合!)
  いーすとフォーラムの後は支部交流会へ!!支部最大の立食交流パーティが復活!
  何かトライしたい人も既に活躍中の方もきっと新たな出会いがある!?

  日時:5月21日(土)17~19時
  会場:青学会館(渋谷区)
  会費:2千円 (新資格者は無料招待)

    終了しました。ご協力、ご参加ありがとうございました。


 

東日本支部 消費者教育体制スタート!
消費者教育講師&消費者教育マネージャー 募集!!


  時代は常に移り変わり、新しいビジネスが生まれると同時に新手の悪質商法も誕生し、
  消費者問題もより複雑化、深刻化しています。

  消費者教育推進法がスタートして2年が経ちました。消費者教育の必要性は「待ったなし」の
  状態であることから、東日本支部も体制を固めて消費者教育を今年からリスタートします。

  はじめは、ワイドな人材を掘り起して消費者教育・啓発を行いたいと思います。ワイドな人材とは
  幅広い分野における専門家であり、その専門家を育成するシステムを構築していきます。

  ①すでに消費者教育に携わっていて、これからも消費者教育に携わっていきたい人
  ②これから始めてみようかと考えている人
  ③消費者教育の講師ではなく、開拓などのマネージメントをやってみようと思う人

  そうした方々に、東日本支部の消費者教育にぜひ参加していただきたいと考えています。
  消費者教育こそ、幅広い知識と人材を擁するNACSの特技といえます。今後さらに体制を発展
  させ広げていく計画ですので、みなさまの参加をお待ちしています。

  →①② 消費者教育講師 希望の方はこちら

  →③   消費者教育マネージャー 応募は27年度で終了しました。


 Q:消費者教育講師の経験はないけれども、これから始めたいと思います。大丈夫でしょうか?
 A:大丈夫です。講師育成では、単に知識だけではなく、講座の組み立て方法を始めとして、
   講師に必要なノウハウも含めて育成します。まずは始めてみることが大切です。

 Q:本部に講師登録していますが東日本支部と重複して登録できますか?
 A:既に本部登録されている方は、特段の申し出がない限り自動的に支部へも登録させて
    いただきます。支部も積極的に新しい受講対象を開発したいのでぜひご参加ください。

 Q:消費者教育のマネージメントとはどんなことをするのですか?
 A:講座開催のお手伝いという感覚ではなく、受講者がどんな講座を望むのか、時代はどのような
   講座を求めているかなど能動的に立案したり、人材育成の計画やフォローアップなど多岐に
   わたって消費者教育の基幹となるものです。

 Q:登録したら絶対に講師をしなくてはいけないのですか
 A:そんなことはありませんが、経験は大切ですので積極的な参加をお願いします。講師派遣に
   あたっては、第一に持続性の確保が大切なことなので、適性度合・地域・本人都合などを勘案
   して、その都度講師と相談しつつ決めていきたいと考えています。


 

過去開催実績→

back一つ前の画面に戻る ページトップへup