支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

賛助会員

 

インタビュー

#44 日本化粧品工業連合会

NACS東日本支部賛助会員インタビューの第44回目は、日本化粧品工業連合会を

お訪ねしました。同会が賛助会員になられたのは、NACSが設立した当初からなので、

長いお付き合いです。そして、女性会員の多いNACSにとって、それこそ化粧品は長い

お付き合いになるのではないでしょうか。毎日使う化粧品。その産業界を束ねる同会とは

どんな活動をしているのでしょう。


同会は東京、中部、西日本の三つの化粧品工業団体から構成され、それらを束ねて連合会と

しています。中小企業の少なくない業界の中で、製造者団体の連絡や情報交流を図り、業界の

健全な発展を推進することなどを目的として設立されました。


そうした目的を達成するため、同会にはさまざまな委員会があります。薬事法対策委員会、

全成分表示名称委員会、製品安全問題委員会、容器・包装に関する委員会、そして

消費者啓発を行っている広報委員会などなど…。


法律、表示、安全、環境といった色々な面で、化粧品は私たちの生活の多くの部分に

携わっているのですね。


独立した機関として、化粧品PL相談室、化粧品広告審査会があります。PL相談室に入る

相談は月に2~3件だそう。「何か問い合わせたい時には、たいていの化粧品にはメーカーへの

相談窓口・連絡先が表記されていますから、消費者はそちらへ直接、電話して問題を解決して

いることが多いのでしょう」とのこと。確かに日本の化粧品メーカーの問題解決能力は高い、と

いえるかもしれません。同会の設立目的が活かされている証拠です。


化粧品広告審査会は、“シワが消える”などといった薬事法に抵触するような効果を謳う

不適切な広告を審査し、改善要請などを行っています。身の回りでも、“塗るだけでみるみる

痩せる”的な広告を見かけますね。


同会が今後、注力していきたいのが、情報発信活動だそうです。「コスメチックQ&A事典」や

「化粧品を正しく使っていただくために」といった消費者に役立つ情報が満載された出版物も

多く出しており、それにはNACS会員も協力しています。


「NACSには異業種の方たちと交流しやすい、といった良さがあります。これからは

印刷物だけではなく、インターネットを通した情報発信も広げていきたいので、さまざまな

分野で活動するNACSの皆さんの協力を仰ぎたい」とNACSに期待を寄せてくださいました。

 

←Back Next→
back一つ前の画面に戻る ページトップへup