支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

賛助会員

 

インタビュー

#56 (株)明治

NACS東日本支部賛助会員インタビュー第56回は、㈱明治をお訪ねしました。同社は菓子、

牛乳・乳製品等からサプリメントや流動食まで幅広く扱う日本有数の食品メーカー。創業

90余年ですが、明治製菓と明治乳業の経営統合で3年前に誕生した会社でもあります。


ニーズを探りながらコンセプトを固め、社内で培ってきた技術でそれを実現し、お客様が喜ぶ

商品として世に出していく。定番の「アーモンドチョコ」、NHKプロジェクトXで取り上げられた

「明治ブルガリアヨーグルト」、インフルエンザにかかりにくくなるとの報道で受験生の家族が

競って買い求めたという「R-1」等、魅力的な商品を数多く生み出しており、おなじみの

ロングセラー商品も枚挙にいとまがありません。


お客様相談センターは約100名で、その半数以上を占めるオペレーターの9割は管理栄養士・

栄養士です。高齢者の方から乳酸菌の効果的な取り方や栄養成分に関してのご質問も多く、

ずっと健康でいたいとの思いが伝わってくるとのこと。老親が明治の流動食だけは食べることが

できたとの礼状など明治ファンの方々から応援や感謝のお声を頂くことも多く、仕事冥利に

尽きると語っておられました。社会貢献の一環でもある赤ちゃん相談室は、子育て全般の相談を

受付けており、核家族化の中で子育てに迷う若い親御さんからの初歩的な質問にも丁寧に対応

されているとのことでした。


また、相談業務に携わるメンバーが休憩できる部屋を設け、昼食をとりながらリラックスして

情報交換もできるような配慮もされていました。さらに、お客様相談センターに寄せられた声は、

データベースとして社内で共有化し、トラブルの未然防止や、次の商品開発に活かすように

活用されていました。


NACSに対しては、消費者がネット等断片的な情報に煽動されないよう啓発、消費者教育に尽力

してほしいとのご要望を頂きました。

 

←Back Next→
back一つ前の画面に戻る ページトップへup