支部活動
アドバイザー試験対策講座
繊維製品品質管理士(TES)資格取得講座
研修講座
セミナー
消費者教育

賛助会員

 

インタビュー

#63 日立コンシューマ・マーケティング(株)

NACS東日本支部賛助会員インタビューの第63回は、日立コンシューマ・マーケティング(株)を

訪ねました。

同社は日立グループの一員として「環境価値創造」をビジョンに掲げ、

家電製品の一般家庭・オフィスへの販売、施工、保守、アフターサービスを展開しています。

日本全国にサービスの拠点があり、その数は88箇所に上ります。


お客様相談センター、販売店等から吸い上げた消費者の声は「お客様の意見」として

月報にまとめられ、グループの品質保証部門、設計関係部門に提供されていました。

更に、顧客志向のマーケティング、製品の開発・改善へとつながるVCS

(Voice of Customer Solution)会議と呼ばれるミーティングや修理サービス時に

収集した意見を製造部門に伝える会議などが定期的に開催されていました。

これにより、安全安心は言うに及ばず、多様化する消費者の要求に応えるための

製品開発がなされていました。例えばバックライトで操作パネルを見やすくしたり、

案内音声の有無・強弱を選択できるようにしたりする等の改善がありました。

更に、高齢者にとって使い勝手がよい文字表示や、必要に応じ点字シールを準備した

製品など、きめ細かい対応がとられていました。


コミュニティとしての役割を持つ各地域の販売店に対しては、地域に根差したサービスが

できるよう、勉強会や情報提供などのバックアップをされています。
お話を伺ってCSR(企業の社会的責任)が常に意識され、

「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」

とのグループ創業の理念がしっかり息づいているとの印象を受けました。


NACSに望むこととして、消費者志向企業の存在意義を、第三者的立場から

もっと社会に喧伝してほしい。賛助会員向けのセミナーや勉強会を更に

充実してほしいとご意見を頂きました。

 

←Back Next→
back一つ前の画面に戻る ページトップへup