長野分科会

最新の予定

日時 1/13(土)10:00~12:00

場所 長野市生涯学習センター(トイーゴ3階)第6学習室

日時 2/17(土)10:00~12:00

場所 ZoomでのWeb会議

内容 1月「シニアのスマホ利用について考える会議」(対面のみ)

・長野分科会として何ができるのかを考えます。

2月 第4回定例会

・これまでの活動状況と今後の活動計画について

・勉強会 今回のテーマは「省エネルギー等について」です。

お問い合わせフォーム

概要と活動内容

設立年月日 1991年7月13日
人数 20名

原則として年に4回の定例会を開催しています。長野県は広く移動に時間がかかるため、回によって対面またはオンラインで実施しています。
定例会では、活動テーマに沿った情報交換や、外部講師による勉強会、会員のリレー講話などを通してスキルアップを図るとともに、会員間の交流を深めています。2年に1回、新潟分科会との交流会を実施しています。

活動内容
NACS東日本支部の分科会という位置づけの元に、長野県内における、消費者・行政・企業のパイプ役として、資質の向上を図り、会員相互間の理解を深めることを目的として、活動をおこなう。

これまでの活動

2022年度

□外部講師による勉強会:高齢者のICTスキル向上/標準化について

□会員講話:キャッシュレス決済 ほか

2021年度

□オンライン定例会

□SDGsカードゲーム講習会受講(7月定例会)

□JERA川崎火力発電所オンライン見学(新潟分科会オンライン交流会にあわせて実施:10月)

通年の活動

□NACS本部・東日本支部、長野県、市町村、学校、地域住民、その他団体等への協力・支援 ほか

・「長野県消費生活サポーター」として、当分科会から会員9名が県から認定されている。

・「長野県消費者被害防止対策推進会議(2014年7月設立)」に構成団体として参画している。

・「特殊詐欺被害防止協力企業・団体」として、長野県知事から2016年6月に認証登録証が当分科会あてに交付され被害防止活動に協力している。(なお、この制度は2019年3月31日限りとなっている。)

「特殊詐欺に注意し、あやしい話、おかしな話は、まず相談を!」

・適格消費者団体の認定を目指す「NPO法人ながの消費者支援ネットワーク」について、2017年3月の設立時に当分科会から2名が理事に就任し、2018年3月に当分科会が団体正会員になり協力している。

・新潟分科会との交流会を隔年で実施している。