研修講座

現在募集中の講座・セミナー

5/28開催 改正個人情報保護法 新ガイドラインについて

基礎から学ぶ民法連続講座(6回シリーズ)

研修講座・セミナー/過去開催実績

2021年度開催実績

(注)下記の講座は全て終了しています。内容は掲載当時の情報です。

河上正二の消費者法連続講座(6回シリーズ)

近年、少子高齢化の進展やIT化による高度情報化社会の到来により、事業者と消費者の間で発生する消費者問題はますます多様化・複雑化しています。このような現状の中、民法を始め、消費者契約法、特定商取引法などの消費者関連法が相次いで改正されていますが、消費者トラブルや消費者被害は今もなお継続して発生しており、法改正の効果検証と継続的な見直しが必要な状況にあります。
上記の状況を踏まえ、今回、我が国における消費者関連法の第一人者である河上正二氏を講師にお招きし、NACS会員のみならず行政窓口の消費生活相談員の方、企業に所属している方、一般消費者の方も対象とした消費者関連法の連続講座(6回シリーズ)を右記の通り開催いたします。

本講座は、消費者トラブルの未然防止を図り、健全な消費生活市場の形成と消費者市民社会の実現を目指して活動していくための知識・スキルを高める絶好の機会です。本講座の積極的な受講をお待ちいたしております。

<日時等詳細>

講 師:東北大学・東京大学名誉教授、前消費者委員会委員長、NACS会長 河上正二 氏

テキスト:「遠隔講義 消費者法2021」(河上正二著、信山社)

受講代:NACS会員・賛助会組織の従業員の方8,800円、一般 11,800円(テキスト代・送料・消費税を含む)

賛助会員の確認はこちら

2021年度NACS新入会員 2,800円(テキスト代・送料・消費税のみ、受講代は無料)

※申込特典:河上先生とのZoom交流会(2022年3月に開催予定)に無料ご招待

※一部講義のみの申込は不可

申込期間:2021年4月中旬~2022年2月28日(随時申込可能)

受講期間:2021年6月10日~2022年3月31日

実施方法:動画配信(第1回~第6回、各回2時間、講義テーマ・動画配信スケジュールは以下の通り)

  講義テーマ 動画URL配信日
第1回 消費者問題総論 6月10日(木)
第2回 成年年齢引下げ 7月10日(土)
第3回 消費者契約法(契約締結過程) 8月10日(火)
第4回 消費者契約法(不当条項規制) 9月10日(金)
第5回 特定商取引法 10月10日(日)
第6回 預託法 11月10日(水)

※申込は随時可能で、テキストは申込月の翌月10日(4月中旬~5月末までに申込の方は6月10日)に送付します。申込を一度行えば、上記スケジュールに基づき動画URLが配信され、6回分の動画すべてを2022年3月末まで視聴可能です。

・6月1日から10月末までに申し込まれた方には、申込月の翌月10日にテキストとそれまで配信済みの動画URLをまとめて送付します。

・11月1日以降に申し込まれた方には、申込月の翌月10日にテキストと全6回分の動画URLをまとめて送付します。

※テキストと動画URLの送付が予定より遅れる場合があることをご了承願います。

目前に迫る成年年齢引下げ 育てよう自立した消費者

新資格者の皆さま、スキルアップを目指す皆さま向けに、2022年4月に施行が迫っている成年年齢引下げをテーマにして、オンライン方式の講座を開催します。
18歳成人のスタート目前の2022年3月に、公益財団法人消費者教育支援センターの専務理事である柿野成美氏に、高校3年生である18歳が成年となることで想定される課題についてお話ししていただくとともに、実際に学校や地域等で成年年齢引下げに向けて積極的に消費者教育に取り組まれている事例等を紹介していただきます。
消費者問題に関わる消費生活の専門家であるNACS会員の皆様や賛助企業の方々が、自立した消費者を育てるためにどのように行動していくべきかを考え、新資格者の皆さまも消費者教育について知識を深める絶好の機会です。

【開催概要】

開催日時:2022年3月12日(土)10:00~12:00

開催方法:Web(Zoom)によるオンライン配信

申込期間:2022年2月2日(水)~2022年3月7日(月)

講  師:公益財団法人消費者教育支援センター専務理事 柿野 成美 氏

チケット ①NACS会員・賛助会組織の従業員:500円 750円

②今年度NACS新入会員:無料

③今年度資格取得者:無料

④非会員(一般):1,500円

NACS東日本支部会報「いーすと1・2月合併号」に記載した本講座の受講代の表記に誤りがありました。お詫びして、次の通り訂正いたします。

NACS会員価格(誤)500円 → (正)750円
非会員価格   (誤)1,000円 → (正)1,500円

定  員:300名

※申込者全員に、当日の動画を期間限定で配信しますので、当日参加が難しい方も視聴可能です。

新宿区消費者講座

本講座は新宿区に在住・在勤・在学の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<SDGsってなあに?~つくる責任、つかう責任を中心に~>

新聞やテレビで報道されることが多くなったSDGsについて「そもそも論」から学び、自らの暮らし方を振りかえるきっかけとなり得る講座です。

【日時】3月9日(水)午後7時~8時15分(75分)

※当初ご案内の日時は3月10日でしたが、3月9日に変更となりました。

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 村上千里氏

お問い合わせは電話(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時)・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

NACSカーボンニュートラル連続講座⑥のご案内
脱炭素社会に向けた若者のアクション

【開催概要】

開催日時:2022年3月4日(金)19:00~21:00

開催方法:Web(Zoom)によるオンライン配信

申込期間:2022年2月4日(金)~2022年3月2日(水)

ゲスト :岩野さおりさん(Fridays For Future Japan)

古賀瑞さん(Climate Youth Japan)

冨永徹平さん(日本版気候若者会議)

チケット:無料

定 員 :300名

※申込者全員に、当日の動画を期間限定で配信しますので、当日参加が難しい方も視聴可能です。

【講座内容】

2018年、グレタ・トゥーンベリさんがたった一人で始めた「未来のためのストライキ」をきっかけに、世界中に広がったZ世代による気候アクション。
日本でもグローバル気候マーチや石炭火力への抗議デモ、COP26への参加、そして全国の若者が10週間にわたるオンライン会議で政策提言をまとめあげた気候若者会議など、多様なアクションが展開しています。CNシリーズ第6回は、彼らの活動と主張を知り、今の社会を変える責任について考えます。会の後半はパネルディスカッションを予定しています。気候危機への取り組みについて「若者と話し合ってみたいテーマ」がある方は、お申し込みの際にご記入をお願いいたします。

新宿区消費者講座

本講座は新宿区に在住・在勤・在学の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<インターネット通販のトラブルと安全な使い方>

コロナ下において外出せずに買い物ができることはリスク回避に役立ちますが、トラブルも比例して増加しています。インターネットによる通信販売の安全な使い方を学び、生活の質向上に役立つ講座です。

【日時】3月2日(水)午後2時~3時15分(75分)

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 井上 豊氏

お問い合わせは電話(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時)・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

新宿区消費者講座

本講座は新宿区に在住・在勤・在学の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<キャッシュレス決済を学ぼう>

キャッシュレスは社会に浸透しつつある中で、仕組みが分からずに避けている層もいらっしゃると思います。キャッシュレスを基本から学び、自らの生活の選択肢となり得るか考えるきっかけとなる講座です。

【日時】2月22日(火)午後7時~8時15分(75分)

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 水谷千佳氏

お問い合わせは電話(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時)・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

オープンセミナー(リモートワークで何が変わった? ~その変化と社内コミュニケーションの秘訣~)

東日本支部では、リモートワークをテーマに第5回オープンセミナーを一般財団法人産業人材研修センターと共同開催いたします。
コロナ禍により広がりを見せているリモートワーク下での変化、社内コミュニケーションの秘訣について、株式会社リンクアンドモチベーションの花岡健太様にお話を伺います。
ウェビナー形式の開催となりますが、皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

日 時:令和4年2月16日(水)19時30分~20時30分

開催方法:Zoomによるオンラインセミナー

参加費:無料

定 員:80名

講 師:株式会社リンクアンドモチベーション 組織開発本部Div MCRカンパニー 技術統括ユニット 花岡健太氏

問合せ先:(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)

東日本支部事業委員会

新宿区消費者講座

本講座は新宿区に在住・在勤・在学の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<成年年齢引き下げのトラブルと注意点>

今年4月施行にむけ、想定されるトラブル等について学び、契約やクーリングオフなど成人に求められる基礎知識を身につけられる講座です。

【日時】2月11日(金)午後3時~4時30分(90分)

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】弁護士 竹内 寛氏

お問い合わせは電話(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時)・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

標準化セミナー(Web)『経済産業省委託事業』:
SDGs(エシカル消費)と認証マーク(標準化)

昨年度の標準化セミナー「JIS(日本産業規格)とNACSの普及啓発活動」に続き、本年度はSDGs(エシカル消費)と認証マーク(標準化)をテーマに行います。
認証マークは、標準化された一定の基準(JIS、業界規格等)をクリアーした製品につけられますが、ISOやJISの中には、SDGsやエシカル消費に関するものがあります。
今回のセミナーでは、日本規格協会阿部氏に「SDGsの標準化動向」をお話しいただき、エシカル&環境研究会(EE研)の遠藤代表から「エシカル消費」(作る責任、使う責任)、当事業東日本支部の川井リーダーから「衣食住の「住」関係の標準化、認証マーク」をそれぞれ発表いただきます。
また、恒例のグループ学習では、住宅、住宅部品、電気&ガス製品の使いにくさや問題点を話合い、「衣食住の『住』関係(エシカル消費)の標準化タネ探し」をしたいと思います。
尚、今回も全面Web(Zoom使用)で実施します。

日 時:2022年1月23日(日)14:00~16:15

講 師:(一財)日本規格協会 消費者規格チーム 阿部裕治氏

発 表

「エシカル消費(消費者教育)」遠藤友美子

「『住』関係の標準化、認証マーク」川井信友

グループ学習

「『住』関係(エシカル消費)の標準化タネ探し」

・省エネ、廃棄物削減(3R)、節水、高齢者&子供&障害者、安全等の視点で

受講方法:Zoomによるオンライン方式

申込期間:2021年12月6日(月)~2022年1月17日(月)

定 員:50名

受講代:NACS会員・賛助会員・非会員/無料

連続講座 2050年カーボンニュートラルシリーズ⑤
「脱炭素社会に向けて『移動』はどう変わるのか」

脱炭素社会に向けては、移動手段をガソリン車から電気自動車や電動車両にシフトしていくだけでなく、自動車や自転車のシェアリングや、まちのコンパクト化なども進めていくことが大切だと言われています。でも、自動車がなくては暮らしが成り立たない田舎ではどうなのか、高齢者など交通弱者はどうなるのか、気になることがたくさんあって、なかなか未来のまちの姿がイメージできない方も多いのではないでしょうか。
本講座では、交通分野における温暖化防止政策や、市民参加のまちづくりなどがご専門の松橋啓介氏をお迎えし、どのような未来像が描かれ、どのように移行していくことが検討されているのかについて学び、消費者として、市民として取り組むべきことを考えます。

日 時:2022年1月14日(金)19:00~21:00

講 師:国立研究開発法人国立環境研究所 社会システム領域地域計画研究室室長 松橋啓介 氏

受講方法:Zoomによるオンライン方式

受講代:NACS会員・賛助会員・非会員/無料

新宿区消費者講座

※本講座は新宿区に在住・在勤の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<親子で学ぶエシカル消費>
日々の買い物はSDGsの「つくる責任、使う責任」など多方面に繋がっています。休日に親子でエシカル消費について、楽しく学びませんか? もちろんお1人での参加も大歓迎です。

【日時】1月9日(日)午後2時~3時15分

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 桝田朋子氏

<プラスチックごみについて考えよう>
私たちの未来にかかわる「プラスチックごみ問題」。プラスチックを便利に利用するいっぽうで何が問題なのか、私たちにできることは何なのか一緒に考える講座です。

【日時】1月12日(水)午後7時~8時15分

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 遠藤友美子氏ほか

お問い合わせは TEL(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

新宿区消費者講座

※本講座は新宿区に在住・在勤の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<楽しく&賢くスマホを使おう>
ICTの発達に伴い、スマートフォンを便利に使いこなすことが生活の質にも関わってきています。シニア世代の生活をより豊かにするためのスマホ導入編の講座です。

【日時】12月23日(木)午後2時~3時15分

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 小笠原むつみ氏

お問い合わせはTEL(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時)・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

新宿区消費者講座

※本講座は新宿区に在住・在勤の方を対象とした講座です。恐れ入りますがそれ以外の方はお申込みをお受けできませんので、ご了承ください。

<お墓のトラブルと改葬・墓じまい>
超高齢社会と人口減の中でお墓のあり方が変化しています。変革期の情勢を踏まえ、お墓に関連するトラブル事例や改葬、墓じまいについて学び、自分にあった選択ができるよう備えてみませんか。

【日時】12月8日(水)午後2時~3時15分

【対象】区内在住・在勤・在学の方、40名

【講師】消費生活アドバイザー 横岡宏志氏

お問い合わせはTEL(6450)5411(月~金曜日午前11時~午後5時)・FAX(6434)1161へ。応募者多数の場合は抽選と致します。

2021年11月「カーボンニュートラルシリーズ④食」

世界の温室効果ガス(GHG)排出量の約1/3が食システム(食料の生産から流通、消費に関わるシステム)によって排出されています。畜産業によるメタンの増加や化学肥料の過剰使用による一酸化二窒素の増加、農地拡大のための森林伐採に加え、食料の加工や流通、保存、調理、廃棄に伴うGHG排出などがその要因であり、食料の多くを輸入に頼る私たちの「食」のあり方も見つめ直す必要がありそうです。
本講座では、温暖化防止政策の専門家で食行動の変容やその促進策について研究をされている木村宰氏をお迎えし、食料生産による気候変動への影響と、どのような変化が求められ、どのような取り組みが生まれつつあるのか、について学びます。

開催日時:2021年11月11日(木)19:00~21:00

開催方法:Web(Zoom)によるオンライン配信

申込期間:2021年10月7日(木)~2021年11月7日(日)

講 師:一般財団法人 電力中央研究所 上席研究員 木村 宰 氏

チケット代:無料

※申込者の方全員に、当日録画した動画を期間限定で配信いたします。

ブレイクアウトルームの録画はいたしませんが、全体の質疑応答場面等において、お顔が映る可能性があることをご了承のほどお願いいたします。

2021(令和3)年度 相談員養成講座
「消費生活センターと消費生活相談員の役割と業務」

2016年から消費生活相談員資格が国家資格になりましたが、消費生活相談員がどのような仕事をしているかご存知でしょうか。本講座では、消費生活相談の目的や消費生活相談員の役割・求められる知識・日常の業務の流れ、相談事例と対処など消費生活相談員の仕事内容を行政の消費生活センターの相談員であるNACS相談室の講師から詳しくお話しいただきます。有資格者の方はもちろん、これから資格取得を目指している方も是非ご参加ください。

講 師:NACS相談室 佐竹 愛子氏

日 時:2021年9月11日(土)13:00-15:00

受講方法:Zoomによるオンライン方式

受講代:NACS会員・賛助会員・非会員/無料

申込期間:2021年8月11日(水)~2021年9月5日(日)

※申込者全員に当日録画した動画を期間限定で配信いたします。

令和3年版 消費者白書

消費者白書は、消費者基本法および消費者安全法に基づく報告書として毎年公表されている法定白書です。このたび、消費者庁より講師をお招きし、特集テーマの「『新しい生活様式』における消費行動」を中心に、消費者被害・トラブルのみならず、社会経済環境の変化を受けた最近の消費者意識・行動、消費者行政の現状をお話しいただきます。

講 師:消費者庁 参事官(調査研究・国際担当) 小島 宗一郎 氏

日 時:2021年8月27日(金)19:30~21:00

受講方法:Zoomによるオンライン方式

受講代:NACS会員・賛助会員・非会員/無料

申込期間:2021年7月27日(火)~2021年8月24日(火)

※申込者全員に当日録画した動画を期間限定で配信いたします。

当日参加する方と参加されない方とで、分けて申込みを受付けます。

連続講座 2050年カーボンニュートラルシリーズ③
「『住まい』で究極の省エネと脱炭素を実現するには?」

日本のCO2排出量の約15%は家庭部門、すなわち私たちの「住まい」で使うエネルギーが占めています。2050年にはこれをほぼゼロにする必要がありますが、これまで推奨されてきたこまめな節電や省エネ家電への買い替えだけでは到底達成できそうにありません。私たちはどのような見通しをもって、どんな取り組みを進めればよいのでしょうか。またそのためにはどんな制度や支援が有効なのでしょうか。住まいと建物の省エネの専門家、田辺新一先生からお話をうかがい、消費者ができること、また企業や行政に求めていくことを考えます。

講 師:早稲田大学創造理工学部 建築学科教授 日本建築学会会長 田辺新一氏

日 時:7月13日(火) 19:00~21:00

受講方法:Zoomによるオンライン方式

申込期間:6月7日(月)~7月10日(土)

受講代:NACS会員・賛助会組織の従業員の方500円、非会員1,000円、2021年度NACS新入会員 無料

賛助会員の確認はこちら

※申込者の方全員に、当日録画した動画を期間限定で配信いたします。

ブレイクアウトルームの録画はいたしませんが、全体の質疑応答場面等において、お顔が映る可能性があることをご了承願います。

NACS・ICT委員会主催公開勉強会
「ネット広告の課題」
~知っているようで知らないネット広告のしくみ~
~個人情報流出と私たちの個人情報保護~

インターネットはとても便利で、居ながらにして買い物ができ、人とつながることもできますが、トラブルも後を絶ちません。SNSの広告を見て試供品と思い化粧品やサプリメントを申し込んだら定期購入の契約だったというトラブルや、安いと思って代金を支払ったら商品は届かず詐欺業者だったということがあります。私たちが賢くインターネットを使いこなすために、インターネット広告の仕組みや注意点、トラブルを防ぐための対処方法などを、弁護士の上沼柴野先生がわかりやすく解説してくださいます。

さらに、昨今個人情報流出の報道等もあり、個人情報保護の観点から実態や問題点なども解説していただきます。
どうぞ、楽しく、ためになるひと時をお過ごしください。

講 師:弁護士上沼紫野(うえぬましの)先生

虎ノ門南法律事務所弁護士・ニューヨーク州弁護士東京大学法学部卒業後、Washington University in St.LouisにてLL.M.(法学修士号)取得。米国法律事務所での研修後、国際ビジネス法務、知的財産権関連、IT関連を中心に業務を行う。

情報セキュリティ大学院大学客員教授、内閣府「青少年インターネット環境の整備等に関する検討会」委員等を務める。

開催日時:6月28日(月曜日)19:00~20:30

開催方法:Zoomによるオンライン勉強会

申込期間:6月1日(火曜日)から6月25日

主 催:NACS ICT委員会対象:NACS会員・NACS賛助会員・非会員(一般の方)

会 場:オンライン

受講料:無料

申込方法:NACSホームページまたは申込フォーム

問合先:ICT委員会メールアドレス *メールにてお問い合わせください。

〈受講のあたっての注意点〉

①当講座はZoomによるオンライン配信を行います。初めてZoomを使用される方は、URLをご参考ください。

②参加URLと当日の資料は勉強会前日の6月27日に登録いただいたアドレスに送信します。メールが届かない方はICT委員会へメールでご連絡ください。講座終了後に1週間、お申込みいただいた方限定で復習ストリーミング配信をする予定です。

③ZoomのログインURLや資料の転送、録画などはご遠慮ください。

2020年度開催実績

(注)下記の講座は全て終了しています。内容は掲載当時の情報です。

2050年カーボンニュートラルシリーズ②
1.5℃ライフスタイル~脱炭素型の暮らしを実現する選択肢~

昨年秋から報道などで頻繁に目にするようになった「1.5℃目標」。これは、私たちが地球温暖化をくい止め、孫子の代まで穏やかな環境の下で暮らしていくために、必ず達成しなくてはならない目標のことです。

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2018年10月に「1.5℃特別報告書」を発表、世界の気温上昇を産業革命以前から1.5℃に抑えなければ気候変動による影響は甚大なものになると警告しました。現在すでに気温は約1℃上昇しており、1.5℃に抑えるためには温室効果ガスの排出量を2030年までに2010年比45%削減、2050年までに正味ゼロ(カーボンニュートラル)にすることが必要だと示しています。

今年2月からスタートした連続講座、カーボンニュートラルシリーズの第1回では、前環境委員長でもある大石副会長から、環境委員会がこれまで大切にしてきた「商品の一生」の考え方に基づく脱炭素社会へのアプローチについてご紹介しました。そして短い時間ですが、小グループに分かれて参加者同士で意見交換を行いました。

シリーズ第2回の講師、IGESの小嶋さんは、私たちがライフスタイルを見直し、変化を生み出すことが、この目標達成に大きなインパクトをあたえることができるということを、カーボンフットプリントのデータをもとにわかりやすく説明してくださいます。食・住・移動、どのような行動がどれくらいのインパクトにつながるのかがわかれば、NACSとしてどのようなアクションを推進していけばよいかを考えるよい検討材料になるでしょう。

私たちのライフスタイルは、企業が提供する商品やサービス、就労のあり方、行政やインフラ企業が整備してきた交通システムやエネルギー供給システム、まちづくりなどの仕組みによってさまざまな制約を受けています。私たちがどのようなライフスタイルを望むかを示し、企業や行政に働きかけていくことで、1.5℃目標を達成する、そのようなアクションのスタートにできたらと思っています。そして春以降は、衣・食・住・移動など、暮らしのシーンごとの講座を組み、より具体的に議論を進めていければと考えています。

第1回を逃がした方も、ぜひご参加ください。

①オンライン開催日時:3月23日(火)19:00~21:00

②録画配信期間:3月26日(金)~4月4日(日)

申込期間:3月4日(木)~3月20日(土)

(①当日参加希望 ②録画配信のみ希望 から選択)

講 師:地球環境戦略研究機関(IGES) プリンシパルコーディネーター・上席研究員 小嶋公史氏

方 法:オンライン開催

主 催:NACS環境委員会、東日本支部研修委員会

対 象:NACS会員、賛助会員

参加費:無料

ウェルカム研修講座

新資格者の皆さま、スキルアップを目指す皆さま向けに、2つのテーマで、オンライン方式の講座を開催します。

1日目の講座では、山本国際コンサルタンツ代表の山本氏に、キャッシュレス決済の仕組みの基本から最新事情についてお話しいただきます。東京オリンピック・パラリンピックに向けて、政府はキャッシュレス決済を推進してきました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、消費者・事業者の、レジで支払いを早く済ませたい、現金に触れたくないなどの思いから、現在はさらに普及が進んでいます。本講座は、私たち消費者がキャッシュレスのシステムを賢く利用する知識を習得し、理解を深める機会です。

2日目の講座では、NACS理事の石戸谷豊弁護士を講師にお招きし、消費者庁を中心として検討が進んでいる販売預託商法の被害防止対策の最新情報についてお話しいただきます。豊田商事事件以来、法を巧みにすり抜け、35年にわたって繰り返されてきた販売預託商法(オーナー商法)による被害を防止することは、近年の大きな課題となっています。今後の預託法改正に向けた論点や被害者を救済するための制度について理解を深める絶好の機会です。

講座①キャッシュレス決済の基本から最新事情まで

講 師:山本国際コンサルタンツ代表 山本正行氏

申込期間:1月18日(月)~3月3日(水)

受講方法:Zoomによるオンライン方式

日 時:3月6日(土)10:00~12:00

定 員:300名

受講代(チケット代):NACS会員750円、非会員1,500円、NACS今年度新入会員 無料、新資格者 無料

講座② 販売預託商法の被害防止対策~預託法改正の最新動向

講 師:NACS理事・弁護士 石戸谷 豊氏

申込期間:1月18日(月)~3月10日(水)

受講方法:Zoomによるオンライン方式

日 時:3月13日(土)10:00~12:00

定 員:300名

受講代(チケット代):無料(石戸谷理事による寄付講座)

2050年カーボンニュートラルシリーズ①
消費者ができることを考えよう ~NACSにおける議論の出発点~

政府の「2050年カーボンニュートラル」宣言で、日本もようやく世界の潮流に足並みを合わせ、脱炭素社会に積極的に取り組むことになりました。これまでの省エネレベルでは到底達成することはできず、徹底的にエネルギーの使用量を減らす(需要側)とともに、使うエネルギーをCO2排出ゼロのものにシフトする(供給側)必要がある、というところまではわかっても、より具体的に今何を考えてどのような行動を起こすことが必要なのか、なかなかイメージがわきづらい現実があります。

一方政府では、これからのエネルギーの在り方を方向付ける「エネルギー基本計画」の見直しや、「地球温暖化対策計画」の見直しなどが進んでおり、このプロセスに消費者・市民の意見をインプットしていくことも大事なアクションであると考えます。

そこで、環境委員会と東日本支部研修委員会は「2050年カーボンニュートラルシリーズ」と題し、連続した勉強会を企画していくこととしました。第一回は、環境委員会がこれまで大切にしてきた「商品の一生」の考え方に基づく脱炭素社会へのアプローチについて、前環境委員長でエネルギー関係の審議会に委員として参加している大石副会長に情報提供いただき、今後NACSとしてどのように学習と行動を進めていけばよいか、参加者の皆さまと意見交換したいと考えております。

なお、第2回目以降のご案内に関しては、企画が決定次第、順次HP等でご案内する予定です。
ご期待ください。

日 時:2021年2月16日(火)19:30~21:00

講 師:NACS代表理事・副会長 大石美奈子氏

方 法:オンライン開催(zoom)

主 催:環境委員会、東日本支部研修委員会

対 象:NACS会員、賛助会員

参加費:無料

申込期間:2021年1月28日(木)~2021年2月13日(土)

◎地球温暖化問題の予備知識は、こちらの動画が参考になります。

地球温暖化のリアル圧縮版①【20分でわかる!温暖化のホント】

地球温暖化のリアル圧縮版②【20分でわかる!温暖化ってヤバいの?】

地球温暖化のリアル圧縮版③【20分でわかる!じゃあ、どうしたらいいの?】

標準化セミナー(Web)「経済産業省委託事業」:JIS(日本産業規格)とNACSの普及啓発活動

2019年7月にJISの名称が「日本工業規格」から「日本産業規格」に変わり、「データ(電磁的記録)・サービス(役務)・経営管理」が追加されました。
「シェアリングエコノミー」、「ロボットサービスの安全規格」等、消費者に身近なテーマの標準化が進んでいます。
NACSの標準化活動としては、「消費者が標準化活動に参画するための手引書」を発行し、全国で標準化セミナーを開催し「標準化のタネ探し」を行ってきました。
また、JIS原案作成委員会等に消費者代表として参加し、消費者の視点で意見を述べ規格作成に貢献しています。

今回は「標準化の動向」のテーマで、日本規格協会阿部氏に話をしていただいた後、NACSの標準化活動の事例発表(「乳幼児製品の挟み込み」、「子ども服の安全基準」、「子どもの安全性に配慮した収納家具」、「従業員満足規格(JSA-S1001)」)を行います。

また、グループ学習で「NACSの標準化活動について」皆さまのご意見やご要望を聞き、今後の標準化活動に活かしていきたいと思います。
尚、今回は全面Web(Zoom使用)で実施します。

講 師:(一財)日本規格協会 消費者規格チーム 阿部裕治氏

発 表(事例):NACSの標準化活動について 川井信友

「乳幼児製品の挟み込み」 釘宮悦子

「子ども服の安全基準」 田近秀子

「子どもの安全性に配慮した収納家具」 根村玲子

「従業員満足規格(JSA-S1001)」 津嶋直人

申込期間:11月2日(月)~12月9日(水)

日 時:12月13日(日)14:00~16:30

受講方法:Web(Zoom)による配信

定 員:50名

受講代(チケット代):無料

連続講座【民法改正(債権法)を学ぶ】

「民法改正(債権法)」の連続講座です。民法債権法が120年ぶりに大改正され、2020年4月1日より施行されました。わかりやすさに定評のある村千鶴子先生を講師にお迎えしてお話しいただきます。

連続講座も、いよいよ、残り3回を残すのみとなりました。第10回~第12回の講座は会場での対面式とオンライン方式と双方で開催します。

講 師:弁護士 東京経済大学現代法学部教授 村 千鶴子 氏

開催方法:会場での対面式とZoom によるオンライン方式で開催

会 場:全国婦人会館 2階会議室+オンライン配信

受講代(チケット代)

NACS会員・賛助会員:750円

今年度NACS新入会員:無料

非会員(一般):1,500円

定 員:会場:20名 オンライン:200名

イベント情報の内容を確認して、お申込みください。
また、当日参加できなかった方は、ご連絡いただければ録画配信をいたします。

<民法改正講座テーマとスケジュール>

年 月 日 時 間 テーマ 申込
1 2019/5/21(火) 19:00~21:00 改正の経緯と概要 終了
2 2019/6/19(水) 19:00~21:00 消滅時効の改正 終了
3 2019/7/17(水) 19:00~21:00 法定利率の改正・債権譲渡の改正点 終了
4 2019/9/24(火) 19:00~21:00 保証制度の改正 終了
5 2019/10/29(火) 19:00~21:00 定型約款の新設 終了
6 2019/11/19(火) 19:00~21:00 意思能力・意思表示・代理に関する改正 終了
7 2019/12/17(火) 19:00~21:00 債務不履行等の改正点 終了
8 2020/2/18(火) 19:00~21:00 債務者の責任財産の保全に関する改正 終了
9 2020/10/1(木)~10/18(日) 19:00~21:00 連帯債務・債務引受に関する改正(動画配信) 終了
10 2020/10/27(火) 19:30~21:00 弁済と相殺に関する見直し(会場+オンライン配信) 終了
11 2020/11/24(火) 19:30~21:00 契約の基本原則・総則・危険負担に関する改正 終了
12 2020/12/15(火) 19:30~21:00 消費貸借・賃貸借・請負に関する見直し 終了

*申し込みは、講座の前月から開始致します。 ※決まり次第お知らせいたします。

オープンセミナー「SDGs時代の消費者志向経営とは」
~コロナ禍における新たな取組み~

第4回オープンセミナーを一般社団法人産業人材研修センターと共同開催いたします。
今回は「SDGs時代の消費者志向経営とは」~コロナ禍における新たな取組み~をテーマに掲げ、消費者支援功労者表彰内閣府特命担当大臣賞を受賞されているレナ・ジャポン・インスティチュート株式会社代表取締役の蟹瀬令子氏をお迎えし、企業等の皆様にもコロナ禍における様々な取組みについてもご紹介いただく場とさせていただく予定です。
ウェビナー形式の開催となりますが、皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

日 時:令和2年12月4日(金)15時00分~17時00分

開催方法:Zoomによるオンラインセミナー

参加費:無料

定 員:80名

後 援:公益社団法人消費者関連専門家会議

【プログラム】

基調講演:「消費者委員からみた消費者志向経営について」

レナ・ジャポン・インスティチュート株式会社 代表取締役 蟹瀬令子氏

博報堂コピーディレクター

消費者委員会第4次・第5次委員

日本ヒーブ協議会第14期会長

東京急行電鉄株式会社 社外取締役、独立役員

取組紹介:「持続可能な消費者教育とは ~コロナ禍における新たな取組み~」

グリー株式会社 社長室政策企画グループ 牛腸綾香氏

「コロナ禍における企業の消費者対応部門の対応と今後の課題」

公益社団法人消費関連専門家会議専務理事、坂倉忠夫氏(NACS会員、消費生活アドバイザー)

コロナ禍における消費者トラブル

新型コロナ感染拡大の影響で、結婚式や旅行、スポーツジム等の解約をはじめ、様々な消費者トラブルが発生しています。今回、日本弁護士連合会が発表した「新型コロナウィルス消費者問題Q&A」の作成にも携わられ、消費者問題に詳しい本間紀子弁護士に、事例をもとに法律的な考え方をオンラインでお話しいただきます。

講 師:本間 紀子 弁護士

申込期間:10月16日(金)~11月9日(月)

開催日時:11月11日(水)20:00-21:00

(1時間程の講義の後に、短時間ですが、質問時間を設けます)

受講方法:Zoom によるオンライン講座

受講代(チケット代):

NACS会員・賛助会員:500円

今年度NACS新入会員:無料

非会員(一般):1,000円

定 員:200名

※当日参加できなかった方は、ご連絡いただければ録画配信をいたします。

令和2年版 消費者白書

当講座は、新型コロナウイルス感染症対策としてZoomによるオンラン配信にて開催いたします。
資料やZoomミーティングID等は、講座前日までに申込時に登録いただくメールアドレス宛に配信いたします。
迷惑メールの設定をされている方は、ドメイン@mail.yahoo.co.jpのアドレスが受信できるよう設定いただきますようお願いします。

・Zoomを初めて利用される方は、事前にダウンロードをしてください。

・手順については、こちらをご参照ください。

【講座内容】

消費者白書は、消費者基本法および消費者安全法に基づく報告書として毎年公表されている法定白書です。
このたび、消費者庁より講師をお招きし、特集テーマである「つくる責任、つかう責任、減らす責任~食品ロス削減-持続可能な社会のために~」を中心に、消費者被害・トラブルのみならず、社会経済環境の変化を受けた最近の消費者意識・行動、消費者行政の現状についてお話しいただきます。

開催日時:2020年9月11日(金)20:00~21:00

講 師:消費者庁 参事官(調査・物価等担当)吉田 充志 氏

定 員:90名

受講料:無料

申込期間:2020年8月25日(火)~2020年9月10日(木)

2020年度「110番事業」事前研修会

今年の「110番事業」は「キャンセルなんでも110番~ネット通販、スポーツクラブ、旅行、通信、結婚式場、新型コロナウイルス関連などなど~」をテーマに実施いたします。これに先立ち、事前研修会(会場+Zoomによるオンライン講座)を9月13日(日)(大阪相談室主催)と9月16日(水)(東京相談室主催)で開催します。

東日本支部や西日本支部以外の会員でも参加可能ですが、「110番事業」で相談を担当していただく方、WET相談員が優先となります。

大阪相談室主催

日 時:9月13日(日)14:00~16:00

テーマ:「消費者問題における多様なキャンセルについて」

講 師:弁護士 薬袋 真司 氏

会 場:大阪産業創造館 6階研修室E (大阪市中央区本町1-4-5)

参加費:無料

定 員:会場30名、オンライン参加100名(先着順) *先着順、定員に達し次第締め切ります。

申し込み〆切:9月6日

講座の詳細とお申し込み方法:本部会員専用ページからお申し込みください。

東京相談室主催

日 時:9月16日(水)19:00~21:00

テーマ:「キャンセルに係る消費者トラブルの対応について~解除・取り消し・無効・キャンセル料など~」(仮題)

~特定商取引法、消費者契約法、割賦販売法等の活用を中心にして~

講 師:弁護士 瀬戸 和宏 氏

会 場:全国婦人会館2階会議室+オンライン配信

参加費:無料

定 員:会場25名、オンライン参加75名 *先着順、定員に達し次第締め切ります。

(注)会場受講は110番受付担当者に限ります。他の方はオンライン受講となります。

申し込み受付開始:9月1日0時

講座の詳細とお申し込み方法:本部会員専用ページからお申し込みください。

お問合せ先:消費者相談室

「クラウドファンディングを学ぶ~基礎知識と注意点など~」(金融商品に係る規制と現状)

延期していました「クラウドファンディングを学ぶ~基礎知識と注意点など~」講座を動画で配信いたします。お申込みいただいた方に、メールで動画・レジュメ・アンケートのURLを送信いたしますので、下記受講期間内にご視聴ください。動画配信には動画配信サイトVimeoを使用いたします。

なお、動画・レジュメともお申込者限りとしていただき、転載及び複製などはご遠慮ください。

【講座内容】

新規・成長企業等と資金提供者(個人)をインターネット経由で結び付け、多数の資金提供者から少額ずつ資金を集める「クラウドファンディング」。近年、様々な業者が多くのクラウドファンディングを募集していますが、一体どんな仕組み・違いなのか、その市場規模や最近の傾向、また、法規制や応募(投資)にあたっての注意点など、ご説明いただきます。

講 師:関東財務局東京財務事務所理財第6課長 齋藤達也氏、理財第8課長 大久保明敏氏

受講期間:2020年8月3日(月)~8月23日(日)

申込期間:2020年8月20日(木)まで

開催方法:動画配信(動画配信サイトVimeo)、動画2本(1本目:1時間12分、2本目:29分)

受講代:無料